小田急箱根高速バス小田急箱根高速バス


  • ENGLISH
  • 中文
  • ???
  • バス乗務員・整備士募集中!
  • お問い合わせ
高速乗合バスのご利用案内
箱根線(新宿-御殿場・箱根)
羽田線(羽田・横浜-箱根湯本・はつはな)
箱根湯本エアライナー(羽田・横浜-御殿場・箱根)
東京線(東京-御殿場・箱根)
三島エクスプレス(新宿-三島)
アウトレット線 上りのみ運行 (御殿場プレミアム・アウトレット 新宿)
高速バスツアー
ふじやま号(新宿・町田-冨士霊園)
貸切バス利用のご案内

お得なきっぷ

PASMOのご利用

トップページ > 採用情報 > 整備士 > 社員インタビュー

採用情報

経堂工場整備士 伊藤 大介さん (2013年入社)

この会社なら、“チェンジニア”ではなく“エンジニア”でいられる。
整備士の本来あるべき職場だと思います。

  • 前職は、どんなお仕事でしたか?

    カーディーラーのメカニックマンをしていました。
    お客さまの大事な乗用車を扱うやりがいのある仕事でしたが、機械部品の交換に明け暮れるだけの技術者という感じで、時間に追われ、休憩できないこともあったりして、整備士としてのやりがいに欠けていました。
    そんな思いがあったときに、この会社を知人から紹介されて、転職してきました。

    この会社の印象はどうでしたか?

    バス整備に対する知識が全く無く、やっていけるのか不安でした。
    不安の中、職場見学をしたところ、ディーラーでは見たことの無いチームでの車両整備を目の当たりにしました。

    カーレースのメカニックのように運転士から車両の特性や不具合を精緻にヒアリングし、それぞれの構造を見直し、不具合の原因を突き止め、かつ、運行に支障を来たさないよう決められた時間内に完成させるということをチーム全体で取組む姿勢に共感を得ました。
    まさに、私が考えていた「エンジニア」を実現していました。

    また、当社では、私のように大型車の整備経験が無くても職場全体で基本を一から教えてくれます。

    主任は40代前半で、先輩たちも30代と若いチームですので、緊張せずに働けるんです。

    この会社の整備士としての魅力は?

    お客さまがご利用される当社の営業車両と毎日向き合いながら整備できるところです。

    当社の運転士と毎日、運転における車両の異常や気になる点などをヒアリングや意見交換をしつつ、メカニックマンとして、その原因探しやチューンナップを繰り返しています。
    また、擦り傷などの軽微なものは、板金塗装やフレームの溶接まで対応しますので、整備士としての領域は広く、自分は信頼されて多くを任されていると実感しています。

    この会社についての魅力は?

    小田急という社風と人柄の良さは、この会社もあります。
    また、お昼休憩をはじめ、作業と作業の合間に休憩があるなど、働く環境と人を大事にしてくれます。有給休暇もとれていますので、ぼくにとってはとてもよい職場だと感じています。

    また、このような職場の要因としては、バスの整備は、作業フローが確立されているため、時間のコントロールがしやすいためだと思います。

    応募される方へのメッセージ

    バスの整備は、メカニックの知識や経験だけでなく、コミュニケーション能力も重要です。
    バスの運転士の話を理解し、原因を想像し、何も話さないバスの車体を相手に、限られた時間で整備する。
    見て、触れて、聞いて、直すという創造性の高い職業だと思います。そんな職業のメンバーとして、一緒にヤル気ある応募を待っています。

ページの先頭へ